健康主義の女性
青汁をより生ジュースに近い状態、または繊維質が残っている状態で飲むか、または持ち運びやすく、水や他のドリンクに混ぜて気軽に飲める粉末タイプにするのか、それはとても大きな問題です。いまの人気商品はほぼこの2タイプに分けることができます。

だいたいは好みの問題ですが、粉末タイプはより青臭さや癖が抜けていて、冷凍タイプは青汁そのままが冷凍になっていて、ジュースにするのに適しています。もちろんそのまま飲んでも、野菜ジュース、スムージー、またお料理に加工するのも簡単なのです。

ただ、栄養素は商品によっても違いますし、原料によっても違いがあります。もしそれぞれの商品中のビタミンやミネラルにこだわるのであれば栄養成分表を見たり、もともとの原料は何を使っているのかを知ったりしてから購入しましょう。

いまは通販を中心に、お試しとして安く購入できる青汁が増えています。もし冷凍ものにするか粉末ものにするのか迷っているのなら、両方試してみてください。飲みやすさや栄養、どういったシチュエーションで飲むことが多いのかなど、その人の生活習慣によっても違ってくるでしょう。

味としては、全く加工をしないでそのままのものと、多少飲みやすくなるように、またサプリメントとしてより多くの栄養が摂れるように加工してあるものがあります。もともと青汁には独自の苦みや臭み、癖などがありますので、それが嫌な人は加工品で、飲みやすくなっているもののほうがいいでしょう。

しかし、青汁そのものの味わいや栄養素、また繊維質なども一緒に摂りたい人、液状のドリンクやスープとして飲みたい人であれば、冷凍タイプでそのまま溶かして他のものと混ぜたほうが美味しいでしょう。これも好みの問題なので、自分の好きな飲み方を見つけてください。栄養素自体は、調理したり熱を加えたりすると壊れやすいビタミンCを除いては、そのまま保たれますのであまりこだわりすぎることはありません。